不動産投資に有利な物件|マンション管理会社ランキングで成功を勝ち取れ
女の人

不動産投資に有利な物件

紙幣とマンション

不動産投資の種類

不動産投資では、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類の利益を得る方法があります。インカムゲインとは土地と建物を購入してそれらを貸し付けて賃料を得ることで収益を得る投資方法で、一般的な不動産投資を指します。一方でキャピタルゲインは購入した時よりも高い価格で売却することで利益を得るというものです。不動産のうち土地は普遍的な価値があるので、価値が失われることはなくまた成長を続ける限り土地の価格は上昇し続けます。このため不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれるようにリスクと利益が合致している投資方法といえます。一方で不動産投資でも王道なのが投資用マンションです。通常の分譲マンションの売買とは異なり投資用マンションは投資を目的としたものであるので安心して投資目的に購入できます。

投資用物件のメリット

投資用マンションのメリットとしては、購入者が居住するための分譲マンションとは異なるということです。一般的な分譲マンションでも所有者が誰かに貸し出すということは可能ですが、マンション組合の規約によってはそれが困難な場合もありますし、場合によっては無用のトラブルを招く可能性がありますが、投資用マンションではそれらを承知の上で販売されているので居住ではなく誰かに貸すといったことでトラブルになることはありませんし、投資会社が賃貸経営に関して運用してくれるので賃貸経営を自らするよりも負担が少ないといったメリットがあります。また投資用マンションでは不動産の中でも流動性が高いので、通常のマンションや一戸建てなどの不動産と異なって売却時にも有利に働きます。