ハーバード・メディカルスクールの調査によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2~3カップのカフェインの取り除かれたコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸癌の発生率を約5割も減少させることができたそうだ。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科手術では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス手術」という二者の手段が高い頻度で採用されています。

学校等の大勢での集団行動をするに当たって、花粉症の症状の為に他の友達と同時に外でめいっぱい走り回ることができないのは、患者にとっても腹の立つことです。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も症例の多い中耳炎で幼い子供によくみられます。強烈な耳痛や38℃以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などのさまざまな症状が出るのです。

エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルスの感染によって罹患するウイルス感染症の病名で、免疫不全を招き健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やガン等を併発してしまう病状そのものを指し示します。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルのひとつのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌されている解毒酵素の効率的な生成活動をサポートしているという事実が判明しました。

世界保健機関は、有害なUV-A波の極度の浴び過ぎが皮膚にトラブルを誘引する可能性が高いとして、19歳未満の若者がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する活動の禁止を強く勧めている最中です。

植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの一つのスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓の持っている解毒酵素の順調な生産を促しているのではないかという事実関係が明らかになってきたのです。

緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こりや首こり、張りから来る日本人に多い頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強烈な痛み」「ズドーンと重苦しいような耐え難い頭痛と表現されています。

外から眺めただけでは骨折したのかどうかよく分からない時は、怪我をしたポイントの骨を弱い力で触ってみて、もしその部位に強烈な痛みを感じたら恐らく骨折だと思われます。

30~39才の間に更年期になったら、医学用語で表すと「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患のことを指します(日本においては40歳未満の女の人が閉経する症状を「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と称します)。

一見すると「ストレス」というのは、「無くすもの」「除外すべき」と敬遠しがちですが、実際は、私達は多種多様なストレスを経験するからこそ、生きていくことが可能になっているのです。

歳を重ねることが原因の耳の遠さはちょっとずつ聴力が低下するものの、一般的に還暦を過ぎないと聴力の衰えをはっきり把握できません。

現在のオペ室には、洗面所や器械室、手術準備室(operating preparation room)を備えさせ、手術中に撮影するためのX線装置を付けるか、そうでなければ近くにレントゲン撮影のための専門室を準備するのが慣例である。

体脂肪量(somatic fat volume)にはさして変化がみられず、体重だけが食物の摂取や排尿などにより短時間で増減する場合は、体重が増えた方は体脂肪率は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上昇します。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>ガン保険